明治座の西京漬
開場以来140年、伝統の技の継承。
 

下町の劇場として、創業以来140年。
伝統の技をお届けにあがります。

明治座の西京漬

主に京都で作られる、米麹を多く使った甘みのある白味噌「西京味噌」に魚の切り身を漬けたものです。
魚を味噌漬けにすると、グルタミン、グリシン、ロイシン、アスパラギン、アルギニン等の遊離アミノ酸が著しく増加しうまみが増すと言われています。
明治座の西京漬は、二種類の西京味噌に諸味味噌をブレンドした明治座オリジナルブレンド。 甘みを抑えた大人の味わいです。
お中元に、贈り物に、明治座の西京漬の味をお楽しみ下さい。

明治座の西京漬フォトイメージ

明治座の西京漬が美味しい訳

すべて手作り

すべて手作り

明治座の西京漬はもろみ味噌に秘伝の配合で調味した特製味噌を使用し毎朝職人がひとつひとつ丁寧に漬け込んでいます。袋詰め、発送に至るまで機械に頼ることなくすべて手作業で行い、生産者の顔の見える商品作りを心がけています。

食べやすさ抜群

明治座の西京漬は一切れずつパックされているので少人数のご家庭でも使いやすいと好評です。大きさもちょうどよく、いちばんおいしい漬け具合になるように 工夫に工夫を重ねました。焼きやすくて食べやすい、おいしい西京漬をお客様にお届けします。

食べやすさ抜群
とても安心

とても安心

漬物というと塩分が多くて体に悪いのでは… なんて思っていませんか?西京味噌は上質の米こうじをたくさん使うことで、普通の味噌よりも塩分を低く押さえています。それに手作りの明治座の西京漬には食品添加物もゼロ。ご家族みんなで安心してお召し上がりいただけます。

西京漬を注文する